サイトマップ
年利20%の資産運用スワップで稼ぐ要点>ロスカットされない為替レート

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較
 ロスカットになる為替レートを
 自分で、計算する方法を、前ページで説明しました。

 これで、いつでも、保有ポジションがロスカットされる為替レートを知る事ができます。

 しかし、為替レートがいくらまで下がることを想定しておけばいいのでしょうか。

 この点を明らかにしないと
 預託金とポジションを決めることができません。

 以下にお話することは、私の考えであり、上手くいく保証はありません。少しでも何かの参考になればいいと思いますが…。

 まず
 スワップ派のバイブル(私が勝手にそう思っているだけ)である
 野村雅道著『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術
 のP103によれば
 「過去5年程度の為替レートの推移をチェック」して、どの程度まで値下がり(円高)したのか調べるとあります。

 また、テクニカル分析からシステムトレードを行う場合
 過去5年のデータをもとにシュミレーションを行い、上手くいくか調べる場合が多いようです。

 この「過去5年間の為替レートのデータ」というのは
 為替取引の、一つの目安であるといっていいでしょう。

 そこで
 過去5年(2006年3月〜2011年4月)と1990年からの最安値を下表にまとめました。
通貨(/円) 過去5年間 1990年〜
米ドル 76.25 (2011.3) 79.75 (1995.4) ⇒ 76.25 (2011.3)
ユーロ 105.42 (2010.8) 88.96 (2000.10)
英ポンド 118.76 (2009.1) 129.37 (1995.4) ⇒ 118.76 (2009.1)
豪ドル 54.96 (2008.10) 55.52 (2000.10) ⇒ 54.96 (2008.12)
NZドル 44.18 (2009.2) 41.97(2000.10)
 ※インフォシークマネー参考http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/

 1990年からの最安値も、気になりますが、
 当面は、過去5年の最安値に、注目です。

 それから
 過去5年間、
 値動きの幅が大きかった時期の
 値動きの幅(最高値から最安値)は、いくらか調べます。
 比較的短期間(6ヶ月程度)での動きを下表にまとめました。
 やはりサブプライムショックを反映した結果となっています。
通貨(/円) 時期 値動き 値幅
米ドル 2007.6~2008.3 (10ヶ月) 124.12~95.77 28.35
2008.8~2008.12 (5ヶ月) 110.66~87.11 23.55
ユーロ 2008.7~2008.10 (4ヶ月) 169.95~113.58 56.37
英ポンド 2007.7~2008.3 (9ヶ月) 251.07~192.46 58.61
2008.8~2008.12 (5ヶ月) 215.86~129.80 86.06
豪ドル 2008.7~2008.10 (4ヶ月) 104.43~54.96 49.47
NZドル 2008.5~2008.12 (8ヶ月) 82.97~47.73 35.24
 ※インフォシークマネー参考http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/
 ※2006年3月〜2011年4月までの過去5年間

 これだけの値動きが短期間に起こるという可能性も考えておく必要があるでしょう。

 ロスカットされない為替レートは
 過去5年間程度の期間で、どのレベルか調べることで目安とすることができます。
 ・最安値
 ・最大値幅
 の2点を考慮して、ロスカットされないであろう為替レートを決めましょう。

 たとえば
 米ドル/円ならば、
  ・最安値76.25円(約76円)
  ・値幅28.35円(約29円)
 を参考に決めます。

 最安値の76円が第一の目安です。
 また、値幅を見ると、10ヶ月間で29円も円高がすすむ可能性が考えられます。
 その時に、ロスカットされないようにする必要があります。

 例をあげて説明しましょう。

(例1) 仮定 【現在の為替レートが、1米ドル=90円】
 まず、29円の円高を想定しておきましょう。
 そこで、最低でも預託金31万円(預託金が2万円未満でロスカットと仮定)で、1万米ドルを買うこと。

 そして、過去5年間程度の最安値76円まで下がったとしても、預託金が31万円なので大丈夫です。
 (90円−29=61円。1ドル=61円まで大丈夫)

 わたしなら、31万円以上で1万米ドルを買うでしょう。

(例2) 仮定 【現在の為替レートが、1米ドル=110円】
 まず、29円の円高を想定しておきましょう。
 そこで、最低でも預託金31万円(預託金が2万円未満でロスカットと仮定)で、1万米ドルを買うことを考えておきます。

 それから、過去5年間の最安値が76円ですので、ここまで下がることも想定しておきます。

 すると、現在は、1米ドル=110円という設定ですから、
 34円下がりまで、耐えられるようにしなくてはいけません。
 1万米ドル買う為には、預託金は、(ロスカットレベルを計算に入れると)36万円は必要です。

 わたしなら、36万円以上で1万米ドルを買うでしょう。


 スワップ派に人気の通貨ペアの値動き予測
 ⇒豪ドル円の過去レートと値幅予測
 ⇒南アランド円の過去レートと値幅予測

 このページで説明した事は、一個人の考えを述べただけです。
 実際の取引における最終判断は、ご自身の責任において行ってください。

 次のテーマは、
 「高金利通貨」について。高いスワップ金利の通貨ペアとは!?

   1.スワップ金利とは何? (基礎知識)
   2.預託金と取引証拠金:レバレッジとは (基礎知識)
   3.外貨を買うだけのスワップ金利運用法 (取引方法概略)
   4.ロスカットされない為替レート
⇒5.高金利通貨(高スワップ通貨ペア)
   6.スワップ金利でロスカット防止
   7.ドルコスト平均法で積立てる
   8.複利で増やす
   9.両建注文でロスカット防止
   ★1 豪ドル円の過去レートと値幅予測
   ★2 南アランド円の過去レートと値幅予測

関連: ロスカット計算とロスカットのチェック

FX業者によって、年利1.0〜3.0%も差のあることをご存知ですか。
最もスワップ運用に適したFX業者とは
⇒  最適なFX業者


初めてのスワップ運用で不安な方へ
 この↓方法をやってみてください。自腹を痛めずスワップ運用を試せます。
 キャッシュバックキャンペーンを利用してタダでスワップ運用する方法

野村雅道式スワップ投資法への感想とまとめ
   1.スワップポイントは高金利
   2.レバレッジの考え方
   3.ロスカットにならないために
   4.高金利通貨とは
   5.レバレッジは3倍
   6.スワップ金利で担保力アップ
   7.複利で運用する方法
   8.信頼できるFX会社とは
   9.情報収集の必要性
   10.成功のための「野村式ルール」9か条
最適なFX会社

FX取引は、元本が保証されていません。自己責任で慎重に行ってください。

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.