サイトマップ
年利20%の資産運用>インフレ傾向?

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
スワップ運用とセントラル短資FX
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較
 経済発展している国には
 インフレ(物価上昇)傾向があります。

 国内の景気がよければ
 給料も上がるので、インフレ(物価上昇)を気にすることはありません。

 ところが
 給料が上がらないのに
 インフレ(物価上昇)になる傾向がではじめました。
 いわゆる【スタグフレーション】です。

 2008年1月4日の朝日新聞に
 「悪い物価上昇」とありますが、これがスタグフレーションです。

 記事の内容は
 『物価上昇加速の恐れ』と小見出しがあり
    身の回りで相次ぐ現在の値上げラッシュは
    コスト上乗せが主な原因で、
    家庭の所得増を伴わない「悪い物価上昇」と言える。
    (中略)
    政府は「物価は今後も原油・食品価格の上昇で上がる」
    と予想する。
    「悪い物価上昇」が加速すれば、
    それが景気の足を引っ張る恐れも強まる。

 これは
 原油価格高騰をうけての記事です。
 企業も、原油価格の高騰分のコストを、価格に上乗せし始めたのです。
 旭化成の「サランラップ」、ブリジストンの「タイヤ」なども次々に値上げです。

 さらにインフレ(物価上昇)は、
 食品関係にも起こっています。

 味の素「マヨネーズ」 10%
 日清食品「カップヌードル」 10%
 はごろもフーズ「シーチキンマイルド」 10%
 ニチレイ「冷凍食品」 10〜15%
 UCC「レギュラーコーヒー」 10%
 などなど。

 原油高の影響によるインフレが景気の悪化を促す可能性があります。

 この「悪い物価上昇」により景気が悪くなれば
 円安に向かう可能性が高くなります。

 木村剛 氏も著作「投資戦略の発想法」の中で
 スタグフレーションの可能性を指摘し
 「インフレになれば円安が進むと予測されます。」
 「円安に備えて外貨MMFや海外ETFに投資しておくことも一案」
 「インフレ下で円安になると、金利は大暴騰(金利上昇)する危険があります。」
 「金利高騰で債券価格が下落する危険性」があると言っています。

 債券は金利上昇時には、
 価格が下落するので元本割れの危険が大きいので
 インフレ(スタグフレーション)対策としては

  (1)外貨資産
  (2)株式

 が効果的ではないかと述べています。

 ただ、株式では、景気が悪い状況を生き延びられる企業を選ばなくてはなりません。

 外貨資産を持っておくことの方が簡単かな〜、とも思いますが(^_^;)

 景気の悪い国の通貨は売られます。
 故に、円安になります。

 円安とは
 米ドル/円の通貨ペアで説明しますと
 「円を売って、米ドルを買う」 と円安になります。
 たとえば
 1米ドル=100円→120円
 になるのが円安です。
 つまり、円を売って、米ドルが買われたわけです。

 このような円安になると
 輸入業者にとっては、ダメージになります。
 コスト高になってしまうからです。

 そのコスト高を企業が吸収できなくなると
 商品価格が上昇します。
 輸入インフレです。

 そうして
 国内の景気が悪くなると
 国内株や投資信託は、当然値下がりします。

 物価は値上がりして
 資産価値は下がる、という状態です。

 それに対する備えとして
 外貨資産が一つの手段となりえます。

 インフレや不況対策としても、外貨に資産分散しておくことが望ましいと思われます。


資産運用と外貨
 外貨資産は必要か?
 FXはハイリスクか?
 インフレ傾向?
 外貨と長期投資
   1.分散投資とは:ポートフォリオ
   2.長期投資:株式市場に元本割れなし
   3.長期投資:為替市場では
   4.FX外貨戦略@ 円安まで待つ
   5.FX外貨戦略A 高金利
   6.FX外貨戦略B リバランス
   7.FX外貨戦略C 為替差損を気にしない
   8.ポートフォリオ作成@ 標準偏差とリターン
   9.ポートフォリオ作成A 通貨分散の長所短所

FXに興味がある人・FX初心者用メニュー
 FXが初めて-FXの簡単な覚え方-
 年利20%の資産運用方法
 スワップ派のテキスト
 FXの始め方
 FXのリスクと魅力

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.