サイトマップ
年利20%の資産運用外貨と長期投資>FX外貨戦略A 高金利

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較
FXと資産運用についての姉妹サイト
  1. FX外国為替証拠金取引の使い方の基本
  2. FX(外国為替証拠金取引)口座比較
  3. クロス円とドルストレートと通貨ペアの仕組み
  4. 通貨分散とは?またそれは必要か?
  5. 経済原則@好景気=円高、不景気=円安
  6. 資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)
 「貴重な資産をムダに、外貨としておいておくことはできませんよ。」
 という声に答えましょう。

 FXでの外貨保有は
 スワップ金利という高金利を得ることができます。

 海外の高金利の恩恵を受けることができるのです。

 今、日本は、超低金利。

 海外では、年利5%なんて当たり前。
 10%の国だってあります。(2008年1月末日)

 しかもFXでは、レバレッジを利かせることもできるので
 簡単に、10%以上の金利を得ることができます。

 株式市場の長期投資に匹敵する高いリターンをえることになるのです。

 ムダにおいておく…
 なんて、とんでもない話です。

 日本国債の2〜10倍は、稼いでくれます。
 信じられないくらいの高利回り商品なのです。

しかし今後も高金利が続くのか?
 今後、日本も高金利になるかもしれないという心配はごもっとも。
 その可能性は考えておかなくてはなりません。

 しかし
 金利差が逆転することは
 ほとんどないといっていいでしょう。
 (金利差が僅かで、スワップ金利が低金利になるかもしれませんが)

 過去の政策金利を調べてみました。(1980年〜2007年)
 日本の金利の方が高かったのは
  米国では、2回(1991年、1992年)のみ。
  ユーロ圏では、4回(1982、83、84、85年)のみ。
  英国では、0回。
  豪州では、0回。
  ニュージーランドでは、0回

 日本は貿易立国です。
 貿易(輸出)によって、経済成長を支えています。
 ということは
 世界経済が不景気になると、日本も不景気になる傾向があるということ。
 日本の商品を買ってくれる外国が不景気になれば
 日本の商品も売れなくなるからです。

 現在(2008年1月)の世界経済をながめればよく分かるでしょう。
 サブライムローン問題で
 アメリカを中心に世界的な不況の心配がおこっています。
 そこで
 アメリカは、大きく金利を引き下げました。
 日本はどうか。
 金利引き上げの声が消え、逆に、利下げの声が聞かれるようになりました。

 特に米国経済は日本に影響を与えます。
 米国と日本は連動している部分が多いのです。

 では、通貨ペアは、どれを選ぶべきでしょうか。
 目安としては
 ・米ドル円、ユーロ円は、為替差益狙い(円安保険)専用。
 ・豪ドル円、南アランド円は、高金利狙い+軽く円安保険。

 この4つの通貨ペアに分散投資というのが、一つの理想だと思います。
 しかし、運用資金の問題などもありますから、この中から一つを選ぶとすると、やはり豪ドル円でしょうか。
 とはいえ、結局、通貨ペアの選択は、投資家自身が、納得いくまで調べて決めるしかないと思います。

まとめ
 スワップ金利は高金利。しかも金利差逆転の可能性は低い。

 高い金利収入を得ながら、
 円安まで気長に待つ、というのは理解できましたが、
 どれくらいの円安で、決済すればいいのでしょうか。
 その点について、次で説明します。

    1.分散投資とは:ポートフォリオ
    2.長期投資:株式市場に元本割れなし
    3.長期投資:為替市場では
    4.FX外貨戦略@ 円安まで待つ
    5.FX外貨戦略A 高金利
 ⇒6.FX外貨戦略B リバランス
    7.FX外貨戦略C 為替差損を気にしない
    8.ポートフォリオ作成@ 標準偏差とリターン
    9.ポートフォリオ作成A 通貨分散の長所短所

参考資料
内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法
投資戦略の発想法 2008 (2008)

資産運用と外貨
 外貨資産は必要か?
 FXはハイリスクか?
 インフレ傾向?
 外貨と長期投資

FXに興味がある人・FX初心者用メニュー
 FXが初めて-FXの簡単な覚え方-
 年利20%の資産運用方法
 スワップ派のテキスト
 FXの始め方
 FXのリスクと魅力

投資は自己責任で。当サイトの情報を参考に取引され、損害が発生しても一切責任は負いません。

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.