サイトマップ
年利20%の資産運用>FXは危険(ハイリスク)な資産運用か?必要性とリスクの考察

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX取引口座比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較

 FXでの資産運用経験者として一言お話します。

 ただ単にFXを、やみくもに薦めるつもりはありません。
 一人一人、リスク許容度に違いがあります。
 肌に合わない方がいても不思議ではありません。

 FXでは、「レバレッジ」について理解する必要があります。
 危険(ハイリスク)だといわれるのは
 レバレッジを誤解したまま取引する人が多いからです。

 FXの特徴はレバレッジを調節することで、
 リスクとリターンの割合を自分で決められることです。
 ですから、
 危険(ハイリスク)にするのも、ローリスクにするのも投資家本人です。

資産とリスク
 全ての資産には、リスクがあります。

 銀行預金にも。
 たんす預金にも、です。

 リスクというと、
 【元本割れの危険性】のことだと、漠然と考えてますよね。

 リスクにはいろいろな種類があります。代表的なものは下表の通り。
種類 内容 影響されやすい金融所品
インフレリスク 利回りを、インフレ率(物価の上昇率)が上回り、実質資産が減少する危険性 MMF、銀行預金
信用リスク 約束された支払い能力が無くなる、または、その商品が無価値になる危険性。 債券、投資信託、株式
金利リスク 金利の変動が金融商品の価格を変動させる危険性 債券、株式、投資信託
為替リスク 為替変動による金融商品価格が変動する危険性 投資信託、外貨商品
価格変動リスク 市場の需給と供給の関係から、金融商品の価格が変動する危険性 投資信託、株式

 リスクには様々な種類があり
 資産は、運用すればもちろんのこと、ただ持っているだけで
 なんらかのリスクにさらされています。

 元本割れはない銀行預金でも、たんす預金でも
 インフレリスクを持っています。
 しかも、物価には、為替相場が影響します。これを輸入インフレといいます。

価格変動リスクとFX
 一般に、リスクが高いという時の『リスク』とは
 価格変動リスクを指しているように思われます。

 価格(株価など)が下がる事で、元本割れになることです。

 この価格変動リスク(外貨の場合、為替変動リスク)は
 標準偏差という数値を用いて判断することが一般的です。

 その数値が大きければ、ハイリスクだと判断します。
 (数値は、内藤忍著「資産設計塾外貨投資編を参考)

標準偏差 株式 国債
日本 24.1% 5.1%
米国 20.6% 13.9%
英国 23.9% 13.5%

 FXの通貨ペアの標準偏差
 米ドル円 9.4%
 英ポンド円 10.0%

 FXは株式投資に比べれば、リスクは半分以下です。
 米国、英国の国債と比較しても、リスクは低いのです。

外貨資産の意義
 資産運用では投資先を分散します。
 この分散投資は、様々なリスク(危険性)を減算する目的で行います。

 外貨への分散投資を薦めている専門家は多数います。
 外貨資産を持つことの意義とは何でしょうか。

 輸入インフレに対するリスクヘッジ(危険を回避する手段)。

 輸入インフレとは、
 円安がすすむと、
 輸入品を中心にインフレ(物価上昇)が起こる現象です。

 日本は、食品のほとんど(60%くらい)を輸入に頼っています。
 自給率は40%程度です。
 食品の価格が上昇する可能性があります。

 それから、石油などのエネルギー資源。
 鉱物資源、材木資源にも影響があります。
 これらは、あらゆる製品の原材料です。
 とすれば、ほぼ全ての物価に影響を与えると考えられます。

 外貨資産を持つことで
 円安がすすんでも、資産が目減りする(インフレにより資産価値が下がる)ことはないわけです。

 基本的に景気が不況だと、円安になる傾向があります。
 円安のお陰で輸出業の業績が伸び、景気が回復してきて
 円高になっていく、という動きがおこります。
 つまり景気が最好調のときは、円高。
 景気が最低のときは、円安。

 外貨保有の意義は、見方をかえれば、不景気対策なのです。
 不景気の時に、円安で資産を増やせる可能性が高くなります。

円安になる要素は、どれくらいあるか
 長期的(10年以上のスパン)には、円安になる、と考える経済通は多くいます。
 円安を主張する理由は
(1)少子高齢化に起因する日本経済マイナス成長
 ・少子化進行 → 労働人口減少 → 税収減少
 ・高齢化進行 → 社会保障費増加 → 増税 → 消費低迷
 この流れが年々加速しています。そして現在すでに「不景気スパイラル」に落ち込みつつあります。
 これらは確実に、GDPを押し下げ、マイナス成長にする要因です。
 日本は世界に先駆けて少子高齢化社会が進行しています。
 つまり世界の国々よりも先に、経済が弱っていきます。
 為替相場は、経済力を相対的にみて強い国の通貨が買われます。日本は弱っていきますので、円安になります。

(2)地震災害の経済混乱と復興費の国家財政圧迫
 日本は地震国です。近年、大きな地震が各地で起こっています。
 大地震が、東京を襲ったらどうなるでしょう。
 東海大地震はいつ起こってもおかしくないといわれています。
 気象庁も、同様の発表をしています。
 東海大地震がおこれば、日本経済は大混乱です。海外の投資家は一斉に日本株式を売り始め、為替相場は、ものすごい円安が進むことでしょう。
 さらに地震の復興費が、ただでさえ危ない日本の財政を圧迫します。

(3)財政破綻リスクの懸念
 日本の国の借金は800兆円を超えるといわれます。
 日本のGDP約500兆ですので、その1.6倍。これは、世界でダントツの比率です。
 日本の財政破綻は、以前から心配されており
 日本超長期国債は、破綻を織り込んで金利が上乗せされています。
 もし、破綻(デフォルト)すると、為替相場は大変な円安になります。
 ロシアの財政破綻では、約6倍のルーブル安になり、500%のハイパーインフレになりました。
(参考:サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践 p115~122)

 これら円安要因は、確実に日本を円安方向へ牽引していきます。
 ですが、為替相場は理論どおりに動かないことで有名ですけどね(*^_^*)

FXがハイリスクと指摘される理由
 FX(外国為替証拠金取引)ですが、
 これは、外貨建て商品の一つになります。

 現在、FXが人気を集めている理由は
 ・利回りが高い
 ・株式投資より簡単にできる

 わたしが、始めた理由も上記と同じです。
 普通、資産は、金利が安ければ、株式などへ流れます。
 でも、わたしは、株式は面倒くさいし難しいということで取組む気になれなかったのです。

 そんなとき、FXの利回りの高さが気になりました。
 軽く、年率10%も稼げるのです。
 そこで、いろいろ調べてみました。

 変動率からいえば一般的に低リスクといわねばなりません。
 しかしながら
 ハイリスクと指摘される金融商品です。
 ハイリスクといわれるのは何故なのでしょうか。

 その(1)
 為替市場の価格変動リスク(為替リスク)


 これは、株式などの価格変動リスクと同じです。
 この為替リスクが、問題視されるのは
 相場を読むことを求められるからです。

 「相場を読まなければ、利益がでない」と考えれば、ハイリスクです。

 実は、ここに落とし穴があったのですが…。
 為替差益だけがFXの利益ではありません。

 その(2)
 レバレッジによる取引


 レバレッジによる取引とは、たとえば
 10万円で、100万円分の取引をすることです。

 あなたは、10万円しか入金していなくても
 実際には、10倍の100万円の価格の取引を行うものです。

 この場合、利益も10倍になりますが、損益も10倍になります。
 ですので、あっという間に元本割れする可能性があります。


 主に、これらの(1)(2)の理由から
 ハイリスクな金融商品と思われています。

しかし、よく調べた結果
 金利収入に徹すれば、為替差益を狙わなくてもいいのです。
 為替差益を出さなくても、金利(スワップ金利)が得られるのです。

 理由(1)は、それほど恐れることはありません。

 2002〜2007.3のヒストリカルボラティリティ(為替変動率)を調べると
 おおよそ
 英ポンド円 7.0%
 豪ドル円 8.3%
 ニュージーランドドル円 9.0%

 この3つは高いスワップ金利で人気の通貨ペアです。
 たとえば
 ニュージーランドドルなら、為替変動率が9%程度なので
 年利9%稼げれば、為替変動をあまり気にしなくてもいいということです。
 ちなみに、レバレッジ1倍で、7.5〜8.5%の運用が可能です(2007.7現在)。
 為替変動率9%と年利8%程度ですから
 為替変動をほとんど気にする必要がありません。

 為替変動率9%とは、現在のレート±9%ということです。
 利益は、年利8%。
 ニュージーランドドル/円の場合、年間
 −1%〜+17%の損益が予測されます。
 圧倒的に利益を上げる可能性が高いわけです。
 (これは、一つのシュミレーション結果であり、「感じ」をつかむ程度の参考にしてください)

 このように為替変動を補うほどの金利を利用して、
 外貨預金の商品プランを
 自分で作ることと同じだと考えればいいわけです。

 高金利の外貨で、預金するというイメージです。

 しかも、満期がありませんので、好きなときに下ろせます。
 (もちろん、このとき元本割れもありえます)

 ※「高いスワップ金利」は2007年当時の話です。サブプライム問題、リーマンショック後の市場変動の影響は大きく、スワップ金利は低下しました。
 その後のスワップ金利の傾向を年率(レバレッジ1倍)で見てみると下表のようになっています。
通貨ペア 2009年5月 2010年5月 2011年5月
NZD円 2.2% 2.7% 2.4%
豪ドル円 3.0% 4.4% 4.6%
南アフリカ 7.3% 6.5% 4.7%

 ですので、現在は、為替変動率を補うほどのスワップ金利とはいえません。

円高こそ外貨保有
 スワップ金利が下がってしまい、思うような運用率を稼ぎにくくなっています。
 2010年になってやっと、豪ドルなどのオセアニア通貨で、スワップ金利が上昇してきました。
 レバレッジ2〜3倍にすることで10%くらいの利率を稼ぐことが可能です。
 南アフリカランドは、まだ十分高利率ですが、新興国通貨なので、どう動くが分かりません。

 しかし、FXの使い方は、先ほども述べたように、円安リスクへの対策です。
 スワップ金利が高い方がいいのは当たり前ですが、
 円高の今こそ、ポジションを保有すべき時といえます。

 資産運用の基本は、分散投資。
 分散投資の一部を、FXで外貨保有すると考えるわけです。

 一応、付け加えますが、円高だから、「投資資金全てを外貨に」というのは非常に危険です。
 時間の分散も重要で、これから更に円高になる可能性もあることを頭に入れておきたいものです。少しづつ、投資していきましょう。

個人投資家向き
 外貨預金などのように満期がありませんので
 いつでも外貨を円に替えて、現金化することができます。

 有価証券や外貨を現金に換えることが、いつでも好きなときに可能な場合を「流動性が高い」といいます。

 現金化したいときにできない場合を、流動性が低いといいます。

 これらのことを「流動性リスク」と呼びます。

 個人投資家は「流動性リスクを取ってはいけない」と
 マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ椛纒\取締役の
 内藤忍さんは、著書「内藤忍の資産設計塾―あなたの人生目標をかなえる新・資産三分法」の中で、指摘しています。

 FXは、
 流動性リスクが低い金融商品なのです。

 さらに、債券や株式、投資信託には、
 商品そのものに信用リスクがあります。

 しかし、外貨そのものには、信用リスクがありません
 主要国の外貨であれば
 それが無価値になるなどという状況はまずありえません。


 FXを活用する長所は
  ・レバレッジを調節してリスクをコントロールできる
  ・金利が、ものすごく高い(2008年ころまでは)
  ・円安リスク(輸入インフレ)への対策
  ・通貨には、商品の信用リスクがない
  ・流動性リスクが低い(現金化が簡単)


 ただし
 だからといって、全財産をFXで運用というのは、まずいやり方です。

 特に、始めたばかりの時は、
 運用資金の10%程度から試してみることをおすすめします。


 実は、私の弟に、FXをすすめました。
 30万円くらいなら、損しても大丈夫だというので。

 そこで、30万円で、ニュージーランドドル(NZD)を1万通貨買うことを薦めたのです。
 それでも20%くらいの運用利率になるので、試してみたらどうか、と。

 それから1年ほどたって、「今、どうなってる?」と聞いてみました。
 なんと
 50万円で、米ドル3枚、NZD2枚を持っているというではありませんか。

 それは、レバレッジが高すぎると、注意しましたが、その言葉が心にとどいていない様子。
 「もう少し下がったらユーロを買おうと思うのだけど…」などというのです。

 今でも、レバレッジが高すぎて、9円も下がればロスカットです。
 その上、ユーロまで買うとなると
 7円も下がればロスカットです。

 まったく、リスクを考えていないのです。
 ロスカット決定ですね。(^_^;)

 「ユーロは止めておけ!NZDも差益が得られるうちに売っておけ!」
 と助言しましたが、
 どれだけ私の危機感が理解できているか不安です。(^_^;)

 FXという金融商品を、よく理解できていないのです。
 FXをよく理解していない人(私の弟のような)には、
 ハイリスクな商品なのです。

 (ちなみに弟からメールがあり、2008年3月にロスカットにあったそうです)
 (せっかく忠告したのに。 (-_-;)

 まずは、しっかりとレバレッジとリスクとリターンの関係を把握しましょう。
 そうすれば、FXはこわくもなんともありません。
 (預託金と取引証拠金:レバレッジとは

 FXの最大の利点は
 自分でリスクとリターンを決められることなのですから。

初めてのスワップ運用で不安な方へ
 この↓方法をやってみてください。自腹を痛めずスワップ運用を試せます。
 キャッシュバックキャンペーンを利用してタダでスワップ運用する方法

FXに興味がある人・FX初心者用メニュー
 FXが初めて-FXの簡単な覚え方- (FXを最短で覚えましょう)
 スワップ金利で資産運用:年利20%の方法 (概要をつかむ)
 豪ドル円はどうなの? -初めてのスワップ運用-
 スワップで稼ぐ要点 (ポイントを説明)
 スワップ派のテキスト (読んでおきたい本などの紹介)
 FXのリスクと魅力
 最適なFX業者(スワップ運用する上で、最も適しているFX業者とは)

資産運用と外貨
 外貨資産は必要か? (外貨の予備知識)
 FXはハイリスクか? (FXのリスクをもう少しだけ詳細に説明)
 インフレ傾向? (2008年現在のインフレ状況)
 外貨と長期投資 (資産運用の中で、外貨を活用する方法)

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.