FXスワップ・サヤ取りFX口座の選び方とおすすめ紹介

サイトマップTOP(年利20%の資産運用)FXスワップ運用 完全ガイド

14.サヤ取りFX口座


 FXスワップ運用の特殊な方法の一つに、「サヤ取り」があります。
 為替リスクをほぼゼロにして、スワップの利ザヤを稼ぐ方法です。
 (参照: 11.サヤ取りは円安時に

 FXスワップ・サヤ取りに適したFX口座の条件とおすすめを紹介します。

スワップ・サヤ取り FX業者(口座)の条件

 選ぶ時の条件はひとつだけ。

  買い持ち用口座 = 受取スワップ金利が高い
  売り持ち用口座 = 支払スワップ金利が低い

 これだけです。

 倒産しにくいFX業者であれば、それにこしたことはありませんが、
 あまり気にし過ぎる必要はありません。

 ただ、まったく名前も聞かないような業者は、どんな業者か分からない(悪徳業者の可能性も)ので、避けた方がいいでしょうが、これは、サヤ取り口座に限ったことではありません。

 倒産を気にし過ぎないで良い理由は、
 一応、信託保全してるはず(法律で義務ずけられている)なので、倒産しても、とりあえず預けてある資産はもっどってきます。
 ポジションは強制決済になっても、サヤ取りですから、心配いりません。

 倒産していない業者の方のポジションも決済してしまえばいいのです。
 「為替リスクはゼロ」になるように運用するのがサヤ取りですから。

 それから、FX業者によっては、スワップ金利が異常なレベルで上下して思ったように運用できないケースも考えられます。
 これについては、
 普段から、FX業者のスワップ金利を調べておき、必要に応じて、別の口座で運用すればいいだけです。
 先ほどから言っているように、「為替リスクはゼロ」ですから、いつポジション決済してもいいし、いつポジションを建ててもいいのですから。

おすすめ「FXスワップ・サヤ取り口座」の紹介

 まず豪ドル円と南アランド円のサヤ取りの場合で考えてみましょう。
 現在(2014年9月)のスワップ金利の状況が大きく変化してきました。

FX業者の詳細 FXサービス 買い持ち口座
売り持ち口座
スワップ金利 2014年2月3日
豪ドル円 ランド円
ライブスター証券 ライブスターFX 買い 67円 13円
DMM.com証券 DMM FX 売り -50円 -10円
FXプライム 選べる外貨 売り -55円 -6円

 下表は、2014年9月5、8、10日の豪ドル円スワップ金利です。
 豪ドル円のスワップ金利を各社が上げてきました。

FX業者の詳細 FXサービス 買い持ち口座
売り持ち口座
スワップ金利
豪ドル円9/5 9/8 9/10
ライブスター証券 ライブスターFX 買い 69円 63円 75円
DMM.com証券 DMM FX 買い 70円 75円 75円
ヒロセ通商 LIONFX 買い 85円 85円 85円
FXプライム 選べる外貨 売り -71円 -69円 -74円

 という状況になってきましたので、
 豪ドル円のかわりに、NZドル円を紹介します。
 南アランド円も影響がでてはいますが、まだサヤ取りを継続できるでしょう。

FX業者の詳細 FXサービス 買い持ち口座
売り持ち口座
スワップ金利 2014年9月12日
NZドル円 ランド円
ライブスター証券 ライブスターFX 買い 97円 13円
DMM.com証券 DMM FX 売り -55円 -9円
FXプライム 選べる外貨 売り -78円 -11円

 一番良いと思える組み合わせは、次の通りです。

 買い持ち口座=ライブスター証券
 売り持ち口座=DMM.com証券

 買い持ち用口座は、ここしばらく、ライブスター証券がよさそうです。

 売り持ち用の口座は、上表のスワップ金利だけを見れば、
 DMM.com証券DMMFX。
 (FXプライムも売り持ち口座として使えそうですが…、今は、ややスワップ金利を高めにしてきています)

 NZドル円と南アランド円の運用率を計算してみました。

NZドル円 スワップ金利 投資額/1万通貨
(レバレッジ5.5倍)
ライブスター証券 97円 15万円
DMM.com証券 -55円 15万円
1日利益/1万通貨 42円 30万円
年間利益/1万通貨 15330円
運用率(年率) 5.11% =15330円÷30万円

南アランド円 スワップ金利 投資額/1万通貨
(レバレッジ5.5倍)
ライブスター証券 13円 2万円
DMM.com証券 -9円 2万円
1日利益/1万通貨 4円 4万円
年間利益/1万通貨 1460円
運用率(年率) 3.65% =1460円÷4万円

 現時点においては、サヤ取りで、利益を上げやすいのは、NZドル円の方がよいようです。

 続いて、トルコリラ円を見てみましょう。

 2015年1月現在、トルコリラ円でのスワップサヤ取りはできません。
 相場の状況が変わるまで、様子見をしていた方が良いと思います。
 過去の相場で、説明します。

 トルコリラ円を運用できるFX業者自体少ないのですが、サクソバンクFX証券のスワップ金利は、トップクラス。

 しかし、口座維持手数料がかかるようになりました。180日(約6ヶ月)間取引がないと1万円徴収されます。
 徴収日が近づいたら、米ドル円をスキャルしましょう。5000通貨の取引で、損失は100円以内に収まると思います。
 それよりも、くりっく365口座がおすすめです。スワップ金利は、ともすれば、サクソバンク証券よりも高いです。

 さて、反対に、売り持ちに適している口座は、ヒロセ通商のLION FX口座です。 

 ※スワップ金利は2012年3月26日
FX業者の詳細 FXサービス 買い持ち口座
売り持ち口座
スワップ金利
トルコリラ円
サクソバンクFX証券 スタンダード 買い 122円
ヒロセ通商 LION FX 売り -45円

 トルコリラ円の為替相場は、2012年3月末で、1トルコリラ=45円程度。
 この時、サヤ取りで運用すると、運用率は下表のようになります。

項目 トルコリラ円 投資額/1万通貨
(レバレッジ4.0〜5.5倍)
サクソバンクFX証券 122円 8万円
ヒロセ通商 LION FX -45円 12万円
1日利益/1万通貨 77円 20万円
年間利益/1万通貨 2万8105円
運用率(年率) 14.05% =2万8105円÷20万円

 ヒロセ通商の投資額が12万円になっているのは、ロスカットラインが6万円/1万通貨で高めに設定されているからです。
 トルコリラ円は流動性に問題があるため、このような設定になっているのでしょう。
 そのため、6円程度の変動があってもロスカットにならないようにするために、投資額を12万円にする必要があったのです。

 トルコリラ円のサヤ取りは、ヒロセ通商LION FXのスワップ金利にかかっています。
 このスワップ金利が低いときは、非常に高い運用率になります。
 サヤ取りで年率10%超で運用できる時があるからです。

 この通貨ペアは、流動性に問題があり、不安定なところがあります。

FXスワップ・サヤ取り口座一覧
NZドル円、南アランド円 トルコリラ円
買い持ち 売り持ち 買い持ち 売り持ち
ライブスター証券
「ライブスターFX」
DMM.com証券
「DMM FX」
GMOクリック証券
「くりっく365」
ヒロセ通商
「LION FX」
FXプライム
「選べる外貨」


次・関連 11.サヤ取りは円安時に | スワップ運用に興味がわいたらFXを最短で覚えましょう
《運用イメージ》
0.FXスワップ運用 完全ガイド(TOP)

《基礎》
1.(1)ドルコスト平均法
2.(2)相場下落を待つ方法
3.通貨ペアの選び方
4.為替差損で困ることはない
4-1.損失が税金対策
5.金利生活を送ろう
6.スイングトレードで勝ち逃げ

《実践のコツ》
7.レバレッジの意味
8.ロスカットの想定
9.ロスカット計算
10.複利運用の方法
11.サヤ取りは円安時に
11-1.トルコリラ円のサヤ取り
12.共分散はしない方がよい

13.FX口座の選び方
 ・YJFX!
 ・セントラル短資FX
 ・SBI FXトレード
14.サヤ取りFX口座
 ・GMOクリック証券「くりっく365」
 ・DMM.com証券

※免責事項: 投資の成功・失敗の責任は、全て投資家個人に帰属します。当サイトの情報を利用した投資結果においても当方とは無関係です。

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.