FXスワップ・サヤ取り売り持ちFX口座、DMM.com証券DMMFX

サイトマップTOP(年利20%の資産運用)FXスワップ運用 完全ガイド> 14.サヤ取りFX口座

DMM.com証券DMMFXの特徴(サヤ取り)


公式HP確認・申込⇒ DMMFX


 DMM.com証券DMMFXは、スワップ金利が低いです。
 スワップ・サヤ取りで売り持ちにするには、持って来いです。

 FXスワップ金利・サヤ取りにおける「売り持ち用」FX口座としておすすめできます。

 (関連: 11.サヤ取りは円安時に


売り持ちスワップ・サヤ取り FX業者(口座)としての適性

 スワップ金利がとても低いです。

 NZドル、豪ドル円、南アランド円を売り持ちすると、支払いスワップが発生しますが、
 そのスワップの値は小さいので、本当におすすめできます。

 売り持ち用としては、最も有利なスワップ金利です。

売り持ちのスワップ金利

 支払いスワップは、-80円 となっているとします。

 「-」のあとの値が小さければ、小さいほど、スワップ・サヤ取りでは利益が増えます。
 つまり、-80より、-70の方が、利益が増えます。

DMM.com証券DMMFXのスワップ・サヤ取りの注意点・特徴詳細

通貨ペア

 マイナー通貨ペアは、ありません。

 スワップ・サヤ取りするなら
 NZドル、豪ドル円、南アランド円のどちらかの運用になります。

最低取引単位

 全通貨ペア共通 1Lot(1枚)=1万通貨

 Lot(枚)とは、取引単位のこと。
 例えば、豪ドル円 1Lot(1枚)で、1万通貨。 5Lot(5枚)で、5万通貨。

出金

 出金は、原則、1日1回だけ。 手数料は無料
 出金可能額は、1件あたり2,000円以上です。

 銀行への送金が完了するのは、出金依頼日から原則3営業日以内。

 当日15:00までに受け付けたものについては原則翌営業日の処理になるので、銀行口座へは翌々日。
 15:00以降に受け付けた分の、銀行への送金が完了するのは、翌々々日になります。

 銀行に反映するのは、翌々日以降になってしまいます。

 出金依頼すると同時に、入金することはできません。
 DMM.com証券DMMFXから、もう一方のFX口座へ資金移動しようと考えている時、
 一時、ネット銀行から、立て替えておくしかありません。

 資金移動のイメージは次の通りです。
   A社(FX口座) →出金→ ネット銀行 →入金→ B社(FX口座)

 A社(DMM.com証券DMMFX)から、B社へ資金移動するには、
 ネット銀行に預金してあるお金(投資に使わない貯金)を一時、B社へ入金しておきます。
 翌々日以降には、ネット銀行へ、DMM.com証券DMMFX(A社)からの入金処理が完了するはずです。

取引証拠金(=必要証拠金)

 全通貨ペア共通 1Lot(1万通貨): 約定した時のレート×1万×4%

ロスカット・追加証拠金

 次の(1)(2)どちらかに当てはまると、ポジションは強制決済されます。

(1)追加証拠金

 毎営業日のマーケットクローズ後メンテナンス中に「証拠金維持率の判定」を行います。
 この時点で証拠金維持率が100%を下回っていた場合には追加証拠金 が発生します。
 追加証拠金発生日のマーケットクローズ後のメンテナンス開始前までに追加証拠金額の解消が必要となります。
 追加証拠金発生日のマーケットクローズ後のメンテナンス開始前までに、追加証拠金が0円とならない場合には発生日の翌営業日のマーケットオープン後に、保有しているポジションを反対売買による「マージンカット(強制決済)」を行います。

 証拠金維持率は、
 取引証拠金ではなく、「ポジション必要証拠金」をもとに計算されます。
 ポジション証拠金は前日クローズレートの仲値より計算されます。

 つまり、次のような関係になると強制決済になります。
   ポジション必要証拠金×100% > 有効証拠金

 ポジション証拠金は、新規注文での取引証拠金とは異なるので注意しましょう。

(2)ロスカット

   ポジション証拠金×50% > 有効証拠金

 このような関係になると強制決済になります。
 当然、(1)の追加証拠金の強制決済の方が、先に反応します。

 ただ、(1)の追加証拠金は、時間的な余裕があり、解消時間までに追加証拠金を解消すればいいわけです。
 解消する前に、更に相場が下落すると、(2)のコース設定ロスカットが発動することになります。

 (2)のコース設定ロスカットは、時間的な余裕はありません。
 決められた状態になれば、すぐさまロスカットになります。

 それから、DMM.com証券DMMFXは、ポジション証拠金で判定される特徴があります。
 そのため、売りポジションはロスカットや追加証拠金になりやすいわけです。
 (逆に、買いポジションは、そうなりにくくなります。)
 例えば、90円のポジションを持っていて、数日後の相場が100円になったとします。
 90円の時点では、残りの資金が3万6000円で追加証拠金。
 100円の時は、残りの資金が、4万円で追加証拠金なので、4000円速く追加証拠金になってしまいます。

ロスカット手数料

 無料。

 ロスカットの手数料をとる会社もあります。
 DMM.com証券DMMFXは、無料です。

 逆指値(ストップ)を使わずに、ロスカットに任せてしまう方法で、サヤ取りする人にはよいでしょう。

DMM FX

公式HP確認・申込 DMMFX

FXスワップ・サヤ取り口座一覧
NZドル、豪ドル円、南アランド円 トルコリラ円
買い持ち 売り持ち 買い持ち 売り持ち
ライブスター証券
「ライブスターFX」
DMM.com証券
「DMM FX」
GMOクリック証券
「くりっく365」
ヒロセ通商
「LION FX」
「Hirose-FX2(ミニ)」
FXプライム
「選べる外貨」


次・関連 11.サヤ取りは円安時に | スワップ運用に興味がわいたらFXを最短で覚えましょう
《運用イメージ》
0.FXスワップ運用 完全ガイド(TOP)

《基礎》
1.(1)ドルコスト平均法
2.(2)相場下落を待つ方法
3.通貨ペアの選び方
4.為替差損で困ることはない
4-1.損失が税金対策
5.金利生活を送ろう
6.スイングトレードで勝ち逃げ

《実践のコツ》
7.レバレッジの意味
8.ロスカットの想定
9.ロスカット計算
10.複利運用の方法
11.サヤ取りは円安時に
11-1.トルコリラ円のサヤ取り
12.共分散はしない方がよい

13.FX口座の選び方
 ・YJFX!
 ・セントラル短資FX
 ・SBI FXトレード
14.サヤ取りFX口座
 ・GMOクリック証券「くりっく365」
 ・DMM.com証券DMMFX

※免責事項: 投資の成功・失敗の責任は、全て投資家個人に帰属します。当サイトの情報を利用した投資結果においても当方とは無関係です。

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.