ロスカット計算は、リスク管理の基本

サイトマップTOP(年利20%の資産運用)FXスワップ運用 完全ガイド

9.ロスカット計算


 ロスカット計算とは、
 (1)為替レートが、いくらになるとロスカットされるのか
 (2)ロスカットされないようにポジションを建てるには、いくらの資金が必要なのか

 ということが、計算できるようになることです。

ロスカットされるレートが計算できる

 例えば、豪ドル円を1万通貨、買いポジションで保有しています。
 預託金(投資元本)は、20万円。
 保有ポジションのレート(保有レート)は、1豪ドル=80円。
 ロスカットルールは、預託金が取引額の4%(今回は3万2000円。これをロスカットラインと呼ぶ)を割り込んだ時に発動する、とします。

 この場合、為替レートがいくらでロスカットされるか、計算できますか。

 (預託金−ロスカットライン)÷1万円
 =(20万円−3万2000円)÷1万円
 =16.8円

 保有レート−16.8円
 =80円−16.8円
 =63.2円

 ロスカットされるレートは、1豪ドル=63.2円 です。

《ロスカットレート計算式》
 保有レート−{(預託金−ロスカットライン)÷1万円}
 ※ロスカットライン=保有レート×通貨量×4% (ロスカットラインはFX業者によって多少の違いがあるが)

 これは、一口座に、多種類の通貨ペアがあると計算できません。
 共分散を考えて、豪ドル円、ユーロ円、ポンド・米ドルなどの様々な通貨ペアを保有する方法があります。
 このような場合、正確なロスカット計算はできません。

ロスカットされないようにポジションを建てる

 例えば、現在のレートが、1豪ドル=80円で、このレートで購入するとします。
 どこまで下落するかを想定してみた時、1豪ドル=52円ではないかと予測したとしましょう。
 ロスカットレートを、1豪ドル=52円として、1万通貨の買いポジションを建てるには、預託金がいくら必要でしょうか。
 ロスカットラインは、先ほどと同じ3万2000円とします。

 (80円−52円)×1万通貨=28万円

 28万円+ロスカットライン
 =28万円+3万2000円
 =31万2000円

 1万通貨買うには、預託金が、31万2000円必要という計算になります。

《必要な預託金の計算式》
 {(購入レート−ロスカット想定レート)×取引通貨量}+ロスカットライン
 ※ロスカットライン=保有レート×通貨量×4% (ロスカットラインはFX業者によって多少の違いがあるが)

 参考までに、5万通貨買う場合も計算してみましょう。

 (80円−52円)×5万通貨=140万円

 ロスカットライン=80円×5万通貨×4% =16万

 140万円+ロスカットライン
 =140万円+16万円
 =156万円

 次ページは、複利運用について考えてみましょう。


10.複利運用の方法 | スワップ運用に興味がわいたらFXを最短で覚えましょう
《運用イメージ》
0.FXスワップ運用 完全ガイド(TOP)

《基礎》
1.(1)ドルコスト平均法
2.(2)相場下落を待つ方法
3.通貨ペアの選び方
4.為替差損で困ることはない
4-1.損失が税金対策
5.金利生活を送ろう
6.スイングトレードで勝ち逃げ

《実践のコツ》
7.レバレッジの意味
8.ロスカットの想定
9.ロスカット計算
10.複利運用の方法
11.サヤ取りは円安時に
11-1.トルコリラ円のサヤ取り
12.共分散はしない方がよい

13.FX口座の選び方
 ・YJFX!
 ・セントラル短資FX
 ・SBI FXトレード
14.サヤ取りFX口座
 ・GMOクリック証券「くりっく365」
 ・DMM.com証券

※免責事項: 投資の成功・失敗の責任は、全て投資家個人に帰属します。当サイトの情報を利用した投資結果においても当方とは無関係です。

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.