サイトマップ
年利20%の資産運用『スワップ金利で資産運用:年利20%の方法』の補足とリスク>円高(2009年サブプライム)でもスワップ派?

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較
円高(2009年サブプライム)でもスワップ派?

 2008年は、サブプライム問題に端を発した金融不安から、為替相場は大荒れでした。

 現在、2009年1月8日。
 さあ、2009年、どうする?

 通貨ペアの暴落率を見てみると、2008年は本当にすごかったのが分かります。

 英ポンド/円 51.69%
 豪ドル/円 52.62%
 ニュージーランドドル/円 57.52%
 ユーロ/円 66.83%
 米ドル/円 70.18%
 南アランド/円 42.94%

 軒並み半分になっています。
 南アランド/円は、半分以下です。
 17.72円(07年10月)が、7.61円(08年10月)まで下がったのです。

2009年1月8日為替相場
通貨ペア(/円) 為替レート スワップ金利
英ポンド 138円 40円
豪ドル 64円 60円
ニュージーランドドル 54円 72円
ユーロ 125円 60円
米ドル 92円 1円
南アランド 9.5円 29円

 見る影も無い、酷い有様。

 英ポンド/円なんて、1ポンド=250円で、
 スワップ金利だって300円あったのに…。

 米ドル/円なんて、スワップ金利が、1円って、なにこれ?
 FX業者によっては買いポジションで支払になっているとこもあります。

 しかし、私は、スワップ派。為替差益は「おまけ」としか考えられません。

 スワップ派が狙う通貨ペアは、南アランド/円。
 もしくは、ニュージーランドドル/円。
 南アランド/円なら、年利20%も可能だし、ニュージーランドドル/円だって、10%はいけます。

 これから始める人はラッキーですね。うらやましい。
 2008年の大暴落を経験しなかったわけですから。

 2009年でも、同じくらい大暴落することはありえません。

 同じくらいの変動値幅があれば、どの通貨も、一桁になってしまいます。
 ランド円なんて、マイナスです。この世から、抹殺されてしまうということです。
 そんなことは起こりえません。

 同じ変動率で暴落したとしても、
通貨ペア(/円) 為替レート 同じ変動率で暴落した場合のレート
英ポンド 138円 70.38円
豪ドル 64円 33.72円
ニュージーランドドル 54円 31.06円
ユーロ 125円 83.53円
米ドル 92円 64.56円
南アランド 9.5円 4.07円

 為替レートが100円を超えている英ポンド/円、ユーロ/円は、それなりに大きな変動幅になりますが。
 それ以外の通貨ペアは、それほどでもないです。

 しかも、これは、史上希に見る大暴落時と同じ変動率で変動した場合なのです。2009年、この変動率を超えてくることはないのでは? (100%の確証はありませんが)

 ニュージーランドドルは、23円くらいの変動幅です。
 これくらいなら、それほど恐れることはありません。
 変動幅23円くらいなら、年率10%くらいで運用できそうです。

 南アランドは、変動幅5円くらいです。レバレッジ2倍にしておけば、南アランドは大丈夫そうです。すると年利20%くらいの運用率になります。

 多分、2009年も円高傾向でしょう。
 あせらず様子をみながら、スワップ金利狙いでいきたいものです。

 多分2009年の円高はスワップ派にとって、よい円高になるのではないだろうか。 この円高はスワップ派には大チャンス。「お買い得な」通貨ペアだらけ。どれを買おうか迷うくらいです。

 【関連ページ 貫け!スワップ派。スワップ派を選ぶのは何故か


【補足】
    1.レバレッジの謎を解け
    2.年間収益ノルマと為替差益
    3.思わぬ展開の対策
    4.同じ運用率で通貨量を増やした時のロスカットレート
    5.スワップ金利の年利は仮定
    6.スワップ派の2つの投資戦略
    7.円安でもスワップ狙いで大丈夫か?
    8.為替相場は読めない
    9.ドルコスト平均法なら決済も安心?
    10.両建て(スワップで資産運用するための)
    11.両建でスワップ支払いが発生しない方法
    12.円高(2009年サブプライム)でもスワップ派?
【リスク】
⇒1.為替変動リスク :標準偏差(ボラティリティ)
   2.金利変動リスク :金利差逆転の可能性
   3.信用リスク :絶対に取ってはならないリスク

スワップ運用する上でFX業者選びは、とても重要です。
FX業者を間違うと年利1.0%以上、損します。最悪、年率5%くらい損します。
通貨ペアによっては、もっと開きが出ることもあります。
最もスワップ運用に適したFX業者を選びましょう。
⇒  最適なFX業者

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.