サイトマップ
年利20%の資産運用『スワップ金利で資産運用:年利20%の方法』の補足とリスク>スワップ派の2つの投資戦略

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較
 スワップ金利で資産運用する時、どちらがいいのだろうか。

 @為替差益を取りながら運用する
 A決済をせずスワップ金利益の確保に徹する

@為替差益を取りながら運用する場合の特徴
 その年の目標を決めておき(年率20%など)、それが達成されるようなら、為替差益を得るために、反対売買をしてしまいます。

 この利点は、決済してしまうために、その後の為替変動リスクを受けることがありません。
 それに、相場状況がよくなってくれば、更に新たなポジションを建てて、目標以上の利益を得る事ができます。

 欠点は、ポジションを建てるタイミングを図る必要があることです。
 このタイミングについては
 スワップ派のバイブル(野村雅道 著 『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術』)では説明がありません。
 為替バカ著『ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用』によれば
 「過去5年間の平均レートより安い価格で買えればOK」(P49)とあります。参考にされてもいいと思います。

 さて、もう一つ問題があります。
 それは計画的に増やすことができない、ということです。
 一度決済した後で、相場状況が好転せず、ポジションを建てるタイミングが何ヶ月どころか、1年以上もない場合がでてくる可能性があります。

 実際のレートで検証してみましょう。
 たとえば2005年6月末から7月ころにFXを始めた場合を考えます。
 このころは1NZD=77円くらいです。

 そこで過去5年間の平均レートを出して見ます。
 2000年7月1日〜2005年6月30日の5年間の平均は
 1NZD=61.92円

 今は77円ですから、61円くらいになるの待つことになります。

 約1年後、2006年5月、レートは69円くらいになります。
 1年も待ってそれでもまだ平均(61.92円)からほど遠いのです。
 そこで
 現時点での過去5年間の平均レートを計算して見ましょう。
 平均レートが上がっているかもしれません。
 平均レート67.22円(期間:2001年6月1日〜2006年5月30日)
 少し平均レートが上がっていました。もう少しですね。

 しかし、ここから徐々にレートが上がります。6月末で70円。
 過去5年間の平均レート67.56円(期間:2001年7月1日〜2006年6月30日)。

 実は
 このまま、現在(2008年5月)まで、
 その日のレートが、過去5年間の平均を下回ったときはありません。

 つまり、2005年6月から2008年5月までのおよそ3年間は
 過去5年の平均レートを目安にすると
 ポジションを建てることができなかったのです。

 これはNZDを例に取りましたが、他通貨なら可能かもしれません。
 また、過去5年の平均にこだわらなくても、だいたい円高だとかんじたら(値ごろ感)その時、ポジションを建ててもよいのでしょう。

 休むも相場という格言がありますので、そういうときは思いっきり休むと決めておくのも悪くありませんが…。

A決済をせずスワップ金利益の確保に徹する場合の特徴
 利点は、確実に、スワップ金利分の利益を得続けることが可能であることです。
 基本は、ドルコスト平均法で買い増しをしていく戦略が効果的です。
 為替差損益はほとんど考えずに運用します。スワップ金利益だけに狙いを絞ります。
 すると運用中は、為替変動リスクを無視できます。
 ドルコスト平均法については、「ドルコスト平均法で積立てる」をごらんください。

 問題は、スワップ金利が下がったり、支払になったりしたときなどの
 ポジションを決済する必要がある場合です。
 決済すると損失がでる可能性があります。
 さきほど、為替変動リスクは無視できるといいましたが
 決済時には、影響します。

 ドルコスト平均法を使っていれば、現時点でのレートと保有レートの差は非常に小さいものになっているはずです。
 それでも、スワップ金利益が、為替差損を上回っていなければ、損失がでる可能性があります。
 元本の200%くらいに増えていれば為替差損は問題ありません。
 大体、5〜10年くらいで、増加率は元本の200%くらいになっているでしょう。

 スワップ金利は計画通り、貯まっていくけれども、
 運用時間が短いと、決済時に為替差損をうける可能性があります。
 運用時間がたっぷりある人にとっては
 ある意味、為替変動リスクよりも、金利変動リスクの方が問題ですね。
  • ※金利変動リスクとは、この場合、スワップ金利が減るもしくは支払になること。通貨ペアの2国間金利差が逆転してしまう可能性のことです。
現在、試験中
 そこで、両方の運用法を用いて試しています。

 【口座1】が@の方法です。
 2008年では、1年間運用せずに30%の利益を出すことができました。
 目標年率20%は確保できたので、年度の後半は、のんびり次のポジションを建てるタイミングを計るだけでした。

 【口座2】がAの方法です。
 運用資金がたまって来たら、新たなポジションを建てていきます。
 相場状況はあまり考えずに。
 2008年では、サブプライム問題で、大変な目に合いましたが、それでもスワップ金利で、10%の運用成績を確保できました。

 取引記録はこのブログで更新しています。
 スワップ金利で資産運用(ブログ)

 今は、まだ、@A、どちらがいいのか答えはでませんね。

【補足】
   1.レバレッジの謎を解け
   2.年間収益ノルマと為替差益
   3.思わぬ展開の対策
   4.同じ運用率で通貨量を増やした時のロスカットレート
   5.スワップ金利の年利は仮定
   6.スワップ派の2つの投資戦略
⇒7.円安でもスワップ狙いで大丈夫か?
   8.為替相場は読めない
   9.ドルコスト平均法なら決済も安心?
   10.両建て(スワップで資産運用するための)
   11.両建てでスワップ支払いが発生しない方法
   12.円高(2009年サブプライム)でもスワップ派?
【リスク】
   1.為替変動リスク :標準偏差(ボラティリティ)
   2.金利変動リスク :金利差逆転の可能性
   3.信用リスク :絶対に取ってはならないリスク

スワップ運用する上でFX業者選びは、とても重要です。
FX業者を間違うと年利1.0%以上、損します。最悪、年率5%くらい損します。
通貨ペアによっては、もっと開きが出ることもあります。
最もスワップ運用に適したFX業者を選びましょう。
⇒  最適なFX業者

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.