お金増やす計画net>4.資産運用口座一覧>ネットバンク(1)ジャパンネット銀行

ネットバンク(1)ジャパンネット銀行

サイトマップ
資産運用入門(基礎講座)
  1. 資産運用のやり方
  2. 投資商品の種類
  3. リスク
  4. 資産運用口座一覧
  5. おすすめ本(Books)
どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
  1. バランス型(国際分散投資)で増やす
  2. 有名な運用会社バンガード投信で増やす
  3. 低コストのTOPX連動型で増やす
  4. 外国株式MSCIコクサイインデックス連動型で増やす
初心者の資産運用入門
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
資産運用よもやま話
  1. マーフィーの法則
  2. お金+資産運用
  3. 保険
初心者の資産運用入門リンク集
  1. 相互リンクについて
  2. 相互リンク集
  3. 資産運用でお金増やす
ジャパンネット銀行の特徴と活用法 (おすすめ理由)

 公式サイト  ジャパンネット銀行

信用力

 ネット銀行、ネットバンクのパイオニア。日本初のインターネット専業銀行。
 とても人気の高いネット銀行です。

 三井住友銀行、富士通、NTTドコモなどの出資により設立されました。
 現在は、ヤフージャパンとも提携しています。

 JCR格付け「長期優先債務格付 A(安定的)」を取得。
 自己資本比率も国際水準8%を大きく上回る36.78%(平成22年9月)。

特徴(おすすめ理由)

 ジャパンネット銀行をおすすめする理由は、大きく2つ。
 1.セキュリティの高さ
 2.提携先の豊富さ

1.セキュリティの高さ

 「トークン形式のワンタイムパスワード」を導入しています。

 投資信託の買付や預金の出金、振込には「暗証番号」が必要になります。
 その暗証番号に、「トークン形式のワンタイムパスワード」を使うのです。

 「トークン」という機械が、一口座につき一つ送られてきます。
 そのトークンには、番号が60秒間表示される機能があります。

 その番号が暗証番号となるため、スパイウェアであっても盗む事はできず、その他のネット犯罪テクニックも、まったく役に立たない仕組みなっているのです。

 そのため、これまで犯罪による出金被害件数は、0件です。

2.提携先の豊富さ

 様々な金融機関と提携しており、入出金手数料が安くなっています。

 特に、証券会社やFX会社との決済サービスの提携が進んでいます。
 即時入金サービス(クイック入金サービスなど、業者によって呼称は異なる)の提携をしていれば、「ジャパンネット銀行 → 証券会社・FX口座」への資金が即時反映されます。手数料もだいたい無料です。

 それから、「JNBアグリゲーション」があり、複数の口座の情報を一画面に管理できるのです。資産運用やポイント集めをしている人には便利です。

 公営競技(競馬、競輪、競艇など)とも提携しており、ジャパンネット銀行から券を購入することができます。
 totoくじを購入することもできます。

活用方法

 投資商品は、投資信託でいいと考えている人なら、ジャパンネット銀行があれば、十分資産運用できます。
 セキュリティーも高いですから、おすすめです。

 とはいえ、やはり銀行は銀行として活用するのが一番無難です。
 ジャパンネット銀行は、証券会社と即時入金サービスを結んでいますから、資産運用する上での、資産の中継地点と考えるのがいいと思います。

 公式サイト  ジャパンネット銀行

取扱い投資商品(2014年4月)

 ジャパンネット銀行の預金金利は、ジャパンネット銀行楽天銀行新生銀行の中では、一番高い金利になっていることが多いです。

預金 (金利:2014年4月)
種類 金額 普通 定期
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 2年 3年 5年 7年 10年
金利
(%)
百万円
未満
0.03 0.070 0.078 0.095 0.1 0.101 0.102 0.155 0.215 0.410
百万円
以上
千万円
未満
0.04 0.072 0.080 0.097 0.102 0.103 0.104 0.157 0.22 0.415
千万円
以上
0.05 0.074 0.082 0.099 0.104 0.105 0.106 0.159 0.225 0.42
備考 変動 満期日指定もできる。
1万円以上1円単位

 投資商品は、投資信託(ファンド)関係は、扱っています。
 FX口座(店頭取引)もあります。

国内投資商品
投資商品 株式 単元
未満株
投資
信託
ETF REIT 国債 くりっく
株365
取扱の有無 × × × × ×

海外投資商品
投資商品 株式 単元
未満株
投資
信託
ETF REIT 外債 外債
投信
外貨
MMF
FX バラ
ンス
取扱の有無 × × × × ×

 公式サイト ジャパンネット銀行

手数料など、サービス一覧(2014年4月)

手数料

口座維持手数料
口座管理 無料にする条件
無料 特になし

ATM手数料
提携ATM 入金 出金 振込
3万円
未満
3万円
以上
3万円
未満
3万円
以上
三井住友銀行 162円
月1回
無料
無料 162円
月1回
無料
無料 162円(要条件
月5回無料)

三井住友銀行
振込手数料
@BANK
セブン銀行 利用できない
イーネット
ゆうちょ銀行 324円
月1回
無料
324円
月1回
無料

振込手数料
振込先 振込金額 インターネット ATM
ジャパンネット銀行 3万円未満 54円 162円(要条件
月5回無料)

三井住友銀行
振込手数料
3万円以上 54円
その他金融機関 3万円未満 172円
3万円以上 270円

 公式サイト  ジャパンネット銀行


 ⇒ 資産運用口座の選び方

銀行口座 金利・サービス比較 証券口座 商品・サービス比較
1.ジャパンネット銀行
2.楽天銀行・証券
3.新生銀行
1.カブドットコム証券
2.SBI証券
FX口座 比較 くりっく株365口座 選び方
1.YJFX!外貨ex
1.カブドットコム証券

資産運用入門(基礎講座) どこで、どの投資信託(ファンド)を買うか?
1.資産運用のやり方
2.投資商品の種類
3.リスク
4.資産運用口座一覧
1.バランス型(国際分散投資)で増やす
2.有名な運用会社バンガード投信で増やす
3.低コストのTOPIX連動型で増やす
4.外国株式MSCIインデックス連動型で増やす

※当サイトは、投資について調べた事や体験した事から、管理人(のりたか)が好き勝手に述べているに過ぎません。投資の責任は投資家自身に帰されます

(C) お金増やす計画.net