サイトマップ
年利20%の資産運用>スワップ金利で資産運用:年利20%の方法

最新コンテンツ
FXスワップ運用完全ガイド
スワップ運用 特集
FXは危険な資産運用か?必要性とリスクの考察
タダでスワップ運用する方法
ステップ0 FX初心者へ
  1. FX初心者がやり方を最短で覚える方法
ステップ1 スワップ投資基礎
  1. スワップ金利で資産運用:年利20%の方法
  2. スワップで稼ぐ要点
  3. 最適なFX業者
  4. リスクと補足
ステップ2 スワップ金利で複利
  1. 効率よく複利運用
  2. スワップ派のテキスト
  3. 複利運用FX口座
ステップ3 分散投資
  1. 外貨資産は必要か?
  2. FXはハイリスクか?
  3. インフレ傾向?
  4. 外貨と長期投資
年利20%の資産運用 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
相互リンク
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用1ブログ
  3. 資産運用2サイト
  4. 資産運用3FX
  5. 資産運用4株式
  6. 資産運用5比較

年利20%の資産運用 要点 初心者
通貨ペア NZD(ニュージーランドドル)/円
7万3000円で、1万通貨 買う
※ロスカットや元本割れのリスク高

FX会社は、セントラル短資FX感想
初めての人はこちら
FXの覚え方
FXのやり方が分からないと、このページで説明していることの意味がよく分からないかもしれません。


 FXを始めるに当たって、数冊の本を読みましたが
 野村雅道さんの説明が、最も理解しやすかったです。
 外貨・FXのリスクとリターンの関係がとてもよく分かります。

 ポイント1 ロスカットされる為替レートを知る
 ポイント2 スワップ金利で、ロスカットされにくくする

 野村式外貨投資法のポイントを踏まえ、
 年利20%にする方法を考えてみました。

 スワップ運用で、人気の『NZドル円』で説明します。

 2017年1月初旬の相場を参考にすると、
 1NZドル=80円。スワップ金利は、40円/日(年間14600円)です。
 それから、ロスカットは預託金32000円/1万通貨(一般的なロスカットルール)を下回った時としましょう。

レバレッジ 預託金
(運用資金)
何円下がりで
ロスカットか
ロスカット
レート
1NZD=
年率
 1倍 80万円 76.8円 3.2円 1.825%
 2倍 40万円 36.8円 43.2円 3.650%
 3倍 26.7万円 23.5円 56.5円 5.468%
 4倍 20万円 16.8円 63.3円 7.300%
10.95倍 7.3万円 4.1円 75.9円 20%

 この表から分かる重要ポイント
 @年率20%を達成するには、7.3万円で、NZD円を1万通貨買えばいい。
 A年率20%では、1NZD =75.9円でロスカットになる。

  これが【野村式ポイント1 ロスカットされる為替レートを知る】です。

 年率20%を目指す場合、1NZD =75.9円でロスカットされることが分かりました。
 このレートは、安全なのか、危険なのか。
 それは、運用する人が、どれだけリスクをとれるかによっても変わります。
          2015年1月、更新⇒NZDの為替レートの動きの特徴

 わたしの考えですが、NZDの場合、
 1NZD=41円まで下がることは想定内のリスクといえるでしょう。
 なので、41円が安全ラインの目安と思っています。

 今回のロスカットレート75.9円の場合
 無謀。といえるリスクになります。レバレッジが高すぎです。
 もう1~2年くらいは、円安気味に動くと思われますが、75円を下回るレートになることは十分、ありえます。

 NZD/円のスワップ運用を、今年から、はじめるならば、
 年率3〜4%を目指すことになるでしょう。


 現時点において、スワップ運用できる通貨ペアは、NZD/円以外では、
 豪ドル/円や南アフリカランド/円、トルコリラ/円をあげることができます。
 2017年1月の相場では
 豪ドル/円は、年率2.5〜3.5%くらいで、
 南アフリカランド/円は、年率13%くらいで、
 トルコリラ/円は、年率20%くらいで運用できます。

 ちなみに2000〜2017年の18年間のスワップ金利によるリターン平均(レバレッジ1倍)は、豪ドル円で約4.10%です。
 現在は約1.8%ですから、平均の方が高く、これから運用率がますます高くなることを期待できます。

 このページでは、スワップ金利を稼ぐための考え方を知っていただければ、と思います。
 実際に取引される際は、通貨ペアをよく吟味し、年率目標を10%に抑えるなど、自分にピッタリの運用を探してください。

【2015年1月更新】         
NZDの為替レートの動きの特徴
豪ドル円の過去レートと値幅予測
   南アランド円の過去レートと値幅予測

 そして、わたしが、安全と思えるもう一つの理由が
 【野村式 ポイント2 スワップ金利で、ロスカットされにくくする】です。

 NZDでは、スワップ金利(2017年1月初旬)が年利14600円です。(金利変動がないと仮定)
 預託金40万円としましょう。
 この金額に、スワップ金利分が上乗せされていきます。
 1年後、40万円+1万4600円=41万4600円
 1万4600円分だけロスカットされにくくなっているのです。
 1万4600円ということは、1年で約1.46円もロスカットされなくなります。

 ロスカットレートで見ると
 預託金40万円ですから
 1NZドル=43.2円でロスカットになります。
 それが1年たつと、43.2円−1.46円=41.74円まで、ロスカットされなくなるのです。
 2年たてば、41.74円−1.46円=40.28円です。
 これで、NZD円の想定される安全ラインに入ります。

 また、20数年の運用で、ロスカットレートがほぼ0円に突入します。
 つまり100%ロスカットされないということです。
 元本が、為替変動リスクから完璧に守られるということです。

 そこで、注意したい事
 FX会社のシステムです。
 FX会社によっては、ポジションを決済注文で決済させないと、スワップ金利を上乗せできない会社もあります。
 その場合、【野村式 ポイント2 スワップ金利で、ロスカットされにくくする】が通用しません。最近は、そういうFX会社は見かけなくなりましたが、自分でFX業者を探す場合は、一応チェックした方が良いでしょう。

 もう一つ。ポジション未決済でもスワップ金利を出金させることができるかどうかがポイントです。これは必ず必要というわけではありませんが、あった方が便利です。
 なぜなら、ポジションを決済するたびに、為替差損益が発生します。
 つねに、差益がえられればいいのですが、そんなにうまいこといくわけがありません。
 なので、ポジション決済をしなくても、スワップ金利分だけを出金できる方が便利なのです。

 FX会社選びのまとめ
 @ポジション未決済でも、スワップ金利を上乗せできる
 Aポジション未決済でも、スワップ金利を出金できる

 そこで、FX会社を調べてみました。
 上の2つの条件が揃っているFX会社はいくつかありますが、
 その中でも、スワップ運用する上で、理想的なサービスを提供している業者が、
 セントラル短資FXです。


◆FXスワップ運用と呼ばれる外貨投資のまとめ◆

通貨ペアの選択
スワップ金利(銀行預金の金利に相当)が高い通貨ペア。
人気があるのは、豪ドル円、南アランド円、NZD円、トルコリラ/円

運用率(年率)はどれくらい?(2017年1月初旬の相場参考)
レバレッジ1倍(外貨預金と同じリスク)で、
おおよそ
豪ドル円0.8%、南アランド円5.27%、NZD円1.78%、トルコリラ円10.5%。
スワップ運用は
これに、レバレッジを軽くかけるので
運用率は
豪ドル円2.0%(レバレッジ2.5倍  35万円で、1万通貨買う)
南アランド円12.64%(レバレッジ2.4倍  3.7万円で、1万通貨買う)
NZD円3.56%(レバレッジ2.0倍  40万円で、1万通貨買う)
トルコリラ/円21.0%(レバレッジ2.0倍  15万円で、1万通貨買う)

※このレバレッジは、わたしなら、こんな感じで買うだろうという程度のものです。イメージを持ってもらうための参考としてあげてあります。ロスカットはおこりえます。

長期保有ならロスカットのリスク減少
 スワップ金利が投資資金に上乗せされていくので、レバレッジをかけたことによるリスクが減少していきます。
 年率12%で運用できれば、8年程度で投資元本分の金利が稼げます。そのスワップ金利益を出金してしまえば、元本割れはなくなります。
 このような長期投資を行う場合、FX業者が重要なカギを握ります。
 それに適したFX業者を選ばないと、確実に後悔することになります。
 最もおすすめできるのが セントラル短資FXです。
 ※最適なFX業者で、別の業者も紹介しているので参考にしてみてください。


 このページで「年利20%にする方法」を、ざっくりと説明しました。
 しかし、この説明だけで、全てを理解し、すぐに投資を始められる人は少ないでしょう。
 豪ドル円で、実際にスワップ運用が始められるように、私の意見を書いたページがこちら。
 豪ドル円はどうなの? -初めてのスワップ運用-

スワップ運用入門
スワップ運用のやり方、考え方などをまとめました。
 ・スワップで稼ぐ要点
 ・『スワップ金利で資産運用:年利20%の方法』の補足とリスク

金利差が逆転して、決済したくなった時、評価損が合った場合どうするか。
 スワップ金利で資産運用中にスワップ金利支払になったときの対応(案)

初めてのスワップ運用で不安な方へ
 この↓方法をやってみてください。自腹を痛めずスワップ運用を試せます。
 キャッシュバックキャンペーンを利用してタダでスワップ運用する方法


年利20%の資産運用 要点 初心者
通貨ペア NZD(ニュージーランドドル)/円
7万3000円で、1万通貨 買う
※ロスカットや元本割れのリスク高

FX会社は、セントラル短資FX感想
初めての人はこちら
FXの覚え方
FXのやり方が分からないと、このページで説明していることの意味がよく分からないかもしれません。

スワップ金利を出金できるのも一長一短

外貨FXどう?金利生活

FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説

お金増やす計画net資産運用/金儲け

Copyright (C) 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用, All rights reserved.